Home > Archives > 2009-01

2009-01

今年も稽古がはじまりました!

H19卒,監督の岩永です.あけましておめでとうございます.

東大柔道部は1月8日より2009年の稽古を始めております.私も8日の初稽古に参加してきました.久々の柔道だったので,へろへろになってしまいました.

上の写真は8日の稽古の投げ込みの様子です.この道場は駒場キャンパスの第一体育館というところで,火木金土の練習を行っています.

投げ込み中

投げ込み中

また,今日(12日)は柏崎先生,松原部長もいらしての今年初稽古となりました.下の写真は乱取り中の様子です.こちらの道場は本郷キャンパスの七徳堂という道場で,月水の練習はこちらで行っています.

乱取り中

乱取り中

今日の稽古で実感したのは,みんなかなり動きが良くなってきています.基本的な動きがだいぶできるようになってきていたし,際の反応が良くなっているなと思いました.1年生の寺田がOBの小宮山を抑え込んでいたのはなかなか見事でした(小宮山がんばれ!).

さて,今日柏崎先生から指摘されたことをいくつか.まず,みんなだいぶ正対下からの脚が効く様になってきたので,亀にならなくなってきたという評価を頂きました.これは私も全く同感で,とてもよいことだと思います.

ただ,正対上から攻める方は,みんながみんな相手の手を切ってから攻めてしまっていて,攻めが遅いしリセットされてしまっているということでした.もちろん,下からが強い相手に対して襟などを持たれた手を切るのは「防御」としてよい手段なのですが,五分の相手に対していいところまで攻め込んでいるのに襟を持たれただけでそれを「切らなければ!」と思って切りに行って,その間に相手に脚を戻されたりしているのがたくさん見受けられました.

これは私は気づいていませんでしたが,先生に指摘を受けてから見ていると,確かにみんなすぐ手を切りに行っていました.ある程度のレベルに達してきたら,持たれたままでも攻められるはずなので,各自注意して欲しいところです.下の相手に持たれているというのは引きつけられるというデメリットがあるかも知れませんが,実は相手はその手に対して手錠をかけている状態にもあります.つまり自由には使えないわけですね.そういう風な見方をして攻めることを考えて行って欲しいです.

最後に,今日は帯取り返しの腕の極め方を教えて頂きました.あれはすごい重要なことなので全員がきちんと頭にいれておくようにしましょう.

現役は今週の朝練として,高校の寒稽古に参加するようです.高校生相手だと寝技が面白い様に決まると思うので,色々試してきて欲しいと思います.また,高校生と色々と話をして東大柔道部をアピールして来て下さい.

Home > Archives > 2009-01

メタ情報

Return to page top