Home > Archives > 2009-02-21

2009-02-21

柔道という知行合一

平成19卒・監督の岩永です.久々に土曜日の練習に行ってきました.隣りでやっている少林寺が途中からいなくなったので,道場を2面使えて広々とした稽古でした.

現役は「良い時」と「悪い時」がはっきりしていて,「お,いい動きしてるな」と思った次の瞬間には「なんじゃそりゃ」というがっかりな動きをしていたりします.やはりまだまだ「頭を使う」部分と「体を動かす」部分が一致していないのかなと思います.

柔道は「知行合一」の体現の場所なんですよね.「自分の頭で考える」ことと「自分の体を動かす」ことがシンクロさせるための柔道.スポーツはなんでもそうですが,特に柔道,さらに特に七大柔道(高専柔道)は知行合一の場だなと感じるのは,寝技を重要視しているからです.寝技というやつは,かなりの部分が「自分の知識」を「どれくらい表現できるか」で勝負が決します.どちらか一方だけでは強くなれません.ここが僕が個人的に柔道が好きな一番の理由かもしれません.

話が脱線してしまいました.土曜日の練習は,私が現役の頃はもっと先輩がたくさんいらっしゃっていて,いつもにぎやかだったイメージがあったのですが,最近は先輩が少ないなぁと思います.自分が現役の時に先輩から受けた恩を今の現役に返してあげるべきです.特に若手のOB/OGは土曜日も参加してあげるようにして下さい.「駒場が遠い」とかそんなの言い訳です.「忙しい」のは誰だって知っています.柔道部に対する愛があれば,自然と道場に足を運ぶはずです.と言っている僕が土曜日にあまり参加できていなかったので,本当に申し訳ない.これは自分に対する叱咤でもありますね^^

また来週からも現役・OB/OG共にがんばっていきましょう.

Home > Archives > 2009-02-21

メタ情報

Return to page top