Home > OB日記 > 七大戦とOB/OGの新体制について

七大戦とOB/OGの新体制について

H19卒・監督の岩永です。

長らく更新ができず申し訳ありませんでした。七大戦近辺の多忙と重責、そして個人的に仕事が忙しくてブログに手をつけることができませんでした。

七大戦について

主管大学として、なんとしても2日目に残りたかったですが、結果は惨敗でした。色々と後悔もありますし、非難される箇所もいくつもあったと思います。「もっとできた」と思いますし、悔しい気持ちで一杯です。

それでも、これだけ前年から戦力がダウンするなかで部を引っ張ってくれた渡辺をはじめとする4年生には感謝をしています。私自身が未熟だったために、彼らに何もしてあげることができなかったことが本当に申し訳ないと思います。

ただ、もう部としてくよくよしている暇はありません。「悔しいなら悔しがれ」という両先生のお言葉にもある通り、3年生以下は来年は絶対に悔しい思いをしないために今から動きだしていますし、4年生も自分のための柔道を突き詰めるとともに、この先の後進の指導というのも視野に入れていって欲しいと思います。

新体制について

さて、現役の方も主将が交代し、新幹部が練習を主導していくことになりますが、私をはじめOB/OGの指導陣も新体制でスタートすることとなりました。

やはり監督だけが全てをやるのには限界があると共に、不十分な部分が多いと感じましたので、若手のOB/OGを中心に「OBコーチ」という役職を設けることとなりました。メンバーの一覧は以下のページ最下部をご覧下さい。

http://www.akamonjudo.com/wiki.cgi?page=%BB%D8%C6%B3%BF%D8%BE%D2%B2%F0

OBコーチは監督の代行として、普段の練習にも参加してもらいますし、遠征の帯同や時には試合の監督も行ってもらいます。OBコーチの言動は監督の言動と思って受け取って頂きたいと思います。もちろん、最終的な決断については監督である私が引き受けますし責任を負いますが、コーチ陣には主体的に行動をしてもらって、私をサポートしてもらうことになります。

練習などでの言動も、他のOBとは区別させて頂きたいと思います。今の指導方針をはっきりとさせるという意味で「OBコーチ」に格を持たせ、その分多少の責任を負って行動をしてもらうことになります。こちらの方は、先輩方もぜひご支援頂ければと思います。

また、監督・OBコーチの間でメーリングリストを作成しております。これからは、監督への連絡事項などございましたら、こちらのメールアドレス宛にお願い致します。

akamonjudo-ob at googlegroups.com(atを@に置き換えて下さい。)

こちらに送って頂ければ、監督とOBコーチ全員に届きますので、適切な対応が行いやすくなりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。外部の方で、出稽古などのご相談がございます場合にもこちらのアドレスをご利用頂ければ幸いです。

というわけで、試験オフ中ではありますが新しい東大柔道部はすでに動き始めています。これからもご声援の程、よろしくお願い致します。

Comments:7

H19卒 高山 09-07-14 (火) 13:44

この度正式にOBコーチとなりました、平成19年卒業の高山健志です。このように複数の若手OBがコーチとして密に連絡を取り合いながら監督をサポートしていくというシステムは、ウェブ技術が発達した現代だからこそ可能な新しい試みであり、また今後の東大柔道部の指導体制のあり方を考える上で重要な実験的意味合いを持っていると思います。私自身まだまだ未熟者ですが、このシステムがうまく機能するのに貢献できるようできる限り努力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

河野(H20卒) 09-07-15 (水) 0:57

4月に就職してから、週に一度の楽しみとして毎週土曜の稽古に参加していましたが、この度OBコーチの役割を担わせていただくこととなりました。
今までは一OBとしての立場でしたが、よく一緒に稽古している後輩たちが七大戦をはじめ今シーズンの主要な試合で多くの課題を露呈して負けたことは悔しく、歯痒く感じました。その点では、現役学生と非常に近い気持ちを抱いています。
七大戦後の最近の稽古では、現役学生が今の状況を本気で何とかしようとしていることが伝わってきます。今日もオフ中の自主練にもかかわらず、緊張感のある稽古が行われていました。その学生たちを、少しでも手助けし成長を早められるようにしていくのが私たちの務めだと思っています。力不足な点もあるかと思いますが、できる限りのことをしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

平成10年卒西森 09-07-15 (水) 8:44

新しい試み、大いに賛成です。
責任を負って学生と接することは、若手コーチ陣にとっても成長の良い機会になると思います。
ともに成長していくつもりでぜひ頑張って下さい。応援しています。

石原 研二郎 09-07-15 (水) 20:56

岩永監督

新体制に期待します。

大変かと思いますが、学生と新指導陣(若手OB)で力を合わせて頑張って下さい。試合目標とともに、仲間(部員)を増やすことにも、知恵を絞ってもらえればと考えます。

1977年卒 石原

H21卒 黒川 09-07-16 (木) 13:07

この度OGコーチになりました平成21年卒の黒川です。

OGとはいえ来年の七大戦に出させていただく(可能性のある)身分ですので、指導というよりは現役と同じ緊張感を持って練習する中で、自分が4年間を通して学んだことを伝えていければと考えております。
力不足な点もありますが、後輩たちの目標達成のために岩永監督や他のOBコーチと連携して精一杯頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

平成19年卒 石橋 09-07-17 (金) 15:14

OBコーチに任命されました平成19年卒の石橋です。

同期が監督ということもあり、私もこれまで柔道部のためにOBとして何をするべきかと考えながら稽古をしてきました。以前には持ちえなかった多くの視点が得られたと思っています。

これからはOBコーチとして、より自覚的に広い視点を持つよう努め、かつ現役部員と密接な連係を保つことで、現役部員と監督の手助けになれればと考えています。また、今回OBコーチに任命されたことには、今後若手OBが組織的に現役部員と監督をサポートするための「仕組み」を確立するという意味でも、大きな役割が求められていると認識しています。

この機会を自分自身の学びとしつつ、東大柔道部の発展に資することができるよう、頑張ります。

平成21年卒 本田 09-07-17 (金) 16:58

この度OBコーチに任命していただきました、平成21年卒の本田賢二です。
試合で結果を出すのはあくまで現役ですが、そこに至る過程として、現役の努力だけでなく、先生方のご指導や監督・OBの協力があってこそ最高の結果が得られることかと思います。OBコーチという任をいただき、責任を持って現役を支えるという自覚を新たにしました。
柔道部全体として現役を支えるというよき伝統をさらに強固なものにすべく頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Comment Form
Remember personal info

Home > OB日記 > 七大戦とOB/OGの新体制について

メタ情報

Return to page top